セロトニンを増やせば老化を抑えられる?

人はパッと顔を見て、その人が老けて見えるかどうか無意識に判断しているらしいです。部分的に言えば眼輪筋・頬骨筋・咬筋と呼ばれるところです。これらは抗重力筋という筋肉があってそれが衰えると、いわゆる顔のたるみになるみたいです。そんな抗重力筋の働きをよくしてくれるのがセロトニンなんだとか。精神を安定させる作用がある脳内物質として知られているので名前だけは聞いたことがあるって人もいるかもしれませんね。しかし老化を抑える効果も期待できるとは知りませんでした。セロトニンの原料になっている物質があって、それがトリプトファンというアミノ酸なんだそうです。食品で言えば、卵やチーズに牛乳、豆腐や納豆などの大豆、あとは赤身魚とかバナナなどに含まれているようです。さらに摂取したあとに運動すると、セロトニンが増えることもわかっているそうです。ウォーキングや自転車などでも良いらしいので、食べた後は動くようにしましょう。ただしストレスを強く受けるような運動は止めましょう。

小顔ローラー