オーガニックは高くつく!

「古きを訪ねて新しきを知る」ではありませんが、明治時代や昭和初期の貧しい時代に学ぶべきことがあるのではないでしょうか。
食べ物や化粧品などは今でいう有機栽培でしたし、素材の新鮮さや素材が持っている特徴を生かし合理的に使っていたと思われます。
オーガニックであったのでアレルギーや皮膚疾患などは今のように多くはなかったと思います。
農薬で作られている食物や遺伝子操作で大量生産された食物は、人に対しては無害であろうけど決して良くはないでしょう。
健康に良いオーガニック(有機栽培)で作られたものを多くの人が食べていないのは廉価で手に入れることができないのではと想像できます。
化粧品についても同じことで原材料をオーガニックで作られたものだけで商品化すると必然的に高くなる。
大量生産できる化学化合物を使うことで価格は低く抑えることができます。
社会全体でオーガニックを広めようとすれば解決できる問題かもしれません。
化粧品について、特に美白やスキンケア商品によるトラブルが起きたことによりオーガニックコスメが注目されつつあります。
化粧品にオーガニックをとりこむことは地道な研究開発と大変な努力が必要で、化学物質をゼロにすることはかなりの困難を伴うようです。
HANAオーガニックはこの困難を乗り越えて化学物質ゼロを実現しています。
化学化粧品が作られるまえ、むかしの人たちはオーガニックから作られた化粧品を使っていたのも事実。