無添加化粧品とは?

無添加化粧品とは、文字通り、添加物が入っていない化粧品のことです。しかし、その基準は曖昧で、無添加化粧品は、100%無添加というわけではありません。コスメの基準を定めている薬事法では、無添加の定義が明確ではありません。無添加化粧品というのは、あくまで化粧品メーカーが作りだした言葉に過ぎないのです。一般に、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性がある旧表示指定成分が除かれたものを、無添加化粧品として販売しています。そのため、勘違いしないようにしないといけません。厳密にいえば、無添加化粧品という言葉自体、表現としては正しいとは言えないかもしれません。無添加というのは、特定の物質が使用されていないことを表す表現で、何が無添加であるという規定もなく、曖昧模糊としたものです。つまり、無添加といっても、全ての添加物が無いという意味ではないのです。たとえば、着色料が入っていない化粧品があった場合、この化粧品に、防腐剤、シリコン、鉱物油、合成界面活性剤が配合されていたとしても、着色料が無添加なので無添加化粧品になってしまいます。