栄養補助食品の形状

十分な栄養が毎日の食事だけではしっかりと摂れないというときに、栄養補助食品で不足しがちな栄養素を補うのです。
栄養補助食品は食品として販売されていますが、その形状は一般的な食品とは違います。
外からの見た目だけで言えば薬に似てますが、いろいろな形があって錠剤、顆粒、ドリンクなどが一般的です。

錠剤タイプの栄養補助食品が多いことから薬と混同されがちですが、栄養補助食品は医薬品ではありません。健康を持続させたり、もっと健康になるためのものとして売られており、明白な規定はありません。

法律上では食品ですが、食品とは別なものとして認識されています。当然のことですが、錠剤型の食べ物は自然界にはありませんから、栄養補助食品が食品だと考える人は少ないのだといえるでしょう。1991年に保健機能食品制度が定められました。一定の国の定めた規格に合っていれば、栄養補助食品の中でも保健機能を書くことができるようになったのです。

保健機能食品と呼ばれています。業界団体が設定した認定マークなどもあります。過剰摂取によって食品と同様とはいっても体に不調がおきることがありますので、ほとんど錠剤型である栄養補助食品は摂りやすいものですが、摂りすぎに注意しましょう。栄養補助食品を使う時は、錠剤か、顆粒か、成分はどんなものがいいか、慎重に選ぶようにしてください。

http://www.killahmodels.com/