制汗コスメは肌に優しいものを

Posted by user042 in スキンケア on 4月 16th, 2015 |  Comments Off on 制汗コスメは肌に優しいものを

汗が気になる季節になってきましたが、制汗コスメは数多くの商品が販売されています。

しかし、制汗ばかり重視すると、肌トラブルになる可能性もあります。 Read the rest of this entry »

レシチンの摂取方法とサプリメントについて

Posted by in アンチエイジング on 4月 15th, 2015 |  Comments Off on レシチンの摂取方法とサプリメントについて

生活習慣病の改善や、肝硬変を未然に防ぐために、サプリメントでレシチンを継続的に摂取しているという人が増えています。

食事から得るべ健康に必要な栄養は、レシチンを始め様々なものがあります。

いろいろな栄養成分を普段の食べ物から摂取するのは、なかなか難しいものです。

Read the rest of this entry »

ニキビ跡のクレーターの簡単ケア方法

Posted by user149 in ニキビ on 4月 11th, 2015 |  Comments Off on ニキビ跡のクレーターの簡単ケア方法

肌荒れ、とくに肌がかゆくなる原因は皮膚炎あるいはアトピー性皮膚炎であることも少なくありません。ニキビもこうった肌トラブルの一つとしてあげることができます。

Read the rest of this entry »

お肌の保湿について

Posted by in スキンケア, 毛穴, 美白 on 4月 11th, 2015 |  Comments Off on お肌の保湿について

お肌のスキンケアを丁寧に行うか否かで、スキンケアをした後のお肌の差を感じることができます。

お化粧がうまくいくかどうかもお肌の調子で変化がでると思います。

素肌を良い状態にするためには、きちんとケアをすることが大事になってきます。

洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上で必要なことです。

これを怠けてしまうとますます肌が乾燥してしまいます。

そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものにする必要があります。

これ以外についても保湿効果のある入浴剤を湯船に入れたり、温度の高いお湯を使わないというのもドライスキンに効果があります。

かさかさ肌で悩んでいるの場合、スキンケアが非常に重要になります。

間違ったスキンケアは症状を悪化させるので、適切な方法を調べておきましょう。 Read the rest of this entry »

栄養補助食品の形状

Posted by in 基礎知識 on 4月 10th, 2015 |  Comments Off on 栄養補助食品の形状

十分な栄養が毎日の食事だけではしっかりと摂れないというときに、栄養補助食品で不足しがちな栄養素を補うのです。
栄養補助食品は食品として販売されていますが、その形状は一般的な食品とは違います。
外からの見た目だけで言えば薬に似てますが、いろいろな形があって錠剤、顆粒、ドリンクなどが一般的です。
Read the rest of this entry »

常にできるニキビに悩まされている

Posted by in ニキビ on 4月 7th, 2015 |  Comments Off on 常にできるニキビに悩まされている

過去の皮脂や蓄積された脂分は見て見ぬふりをしていると酸化が始まり、お肌の老化スピードを早める要因となります。お手入れ前には正しい手段で洗顔料など使用してください。 Read the rest of this entry »

脇汗を消すデオドラントコスメ

Posted by in スキンケア on 4月 5th, 2015 |  Comments Off on 脇汗を消すデオドラントコスメ

潤いが不足する肌は、一日一日の丁寧な洗顔とその後の保湿のお手入れを正しくやっていくことで改めることが可能です。

毎日お化粧を欠かせない方の場合には、化粧を落とす工程から見直しましょう。メイクを落とす上で気をつけるコツは、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌にとって余分ではない角質や皮脂は落としすぎないようにすることです。

冬になるにつれ空気は乾燥していき、それによって肌の水分も奪われます。

水分が肌に足りないと肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。水分が足りない肌のトラブルを防ぐためにも保湿と保水といったケアをしっかりと行うようにしてください。

寒い時期のスキンケアのコツは「乾燥させない」ということが大切です。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質と容易に結合する性質を持った「多糖類」と言われるゲル状の物質です。

とても水分を保持する能力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、ほとんど当然のごとくヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。

加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。

カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスして手を抜かず泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。

力強く洗うと肌に悪いので、優しく洗うことが注意点です。 Read the rest of this entry »

目元のしわを改善するコスメ

Posted by in スキンケア on 4月 5th, 2015 |  Comments Off on 目元のしわを改善するコスメ

ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に含有されるゲル状の物質です。

大変水分を保持する能力が高いため、サプリメントには、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含有されています。加齢に伴って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。

プラセンタの効果効用をもっと、上げたいのなら、摂取するタイミングも重要な要素です。最も効くのは、胃に空腹感を感じるような時です。

逆に、お腹がいっぱいの時は吸収率が低く、飲んでも本来の効果が十分表れないこともありえます。

また、お休み前に摂取するのもよい方法と考えられます。

人間の身体の機能回復は就寝中に行われるため、眠る前に飲むとよく効くのです。

時々、「美肌のために、タバコは厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それはお肌についても言えることです。

本当に肌を白くしたいと思うのなら、すぐに禁煙するべきです。タバコをやめるべき理由として一番に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。

喫煙してしまうと、美白に大事なビタミンCが破壊されます。

冬は空気が乾燥してくるので、肌の水分も奪われがちです。

水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるのでケアが必要です。

乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさない為にもお手入れをしっかりと行うようにしてください。

乾燥する時期の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。

冬になると寒くなって血のめぐりが悪くなります。

血液の流れが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝が不安定になります。

それw続けることで、肌トラブルとなってしまうので、血行の促進を心がけてください。実際血液の流れが良くなることで、代謝がうまく働き、美肌になりやすいのです。かさつく肌の場合、肌の手入れが非常に大切になります。

間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正確な方法を理解しておきましょう。まず、洗いすぎはタブーです。皮膚のてかりが気になるからといって何度も何度も顔を洗浄してしまうと肌が水分を失ってしまいます。

逆に皮脂の分泌物の量が増えてしまうので、朝晩の2階で十分です。

洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上で重視されることです。

これを怠けてしまうとますます肌が乾燥してしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを選んでください。これ以外についても保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、お湯を高い温度にしないというのも非常に有効です。

肌荒れが生じた場合には、セラミドを補うようにしてください。セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質は角質細胞が複数層重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。

皮膚の表面の健康を保持するバリアのように機能す Read the rest of this entry »

暑い時期だからこそ…

Posted by in ベースメイク on 4月 3rd, 2015 |  Comments Off on 暑い時期だからこそ…

暑い時期だからこそ日頃使っているファンデーションなどを見直す必要があると思うんです。
夏の基礎化粧やファンデーション…考えるだけで憂鬱になってきますよね? Read the rest of this entry »

使い道がないオールインワンゲルの再生利用

Posted by in ニキビ on 4月 3rd, 2015 |  Comments Off on 使い道がないオールインワンゲルの再生利用

これは効果がありそう!と思って買ったけど、実際使ってみるといまいち…というスキンケア用品、結構ありますよね。
あれこれ試してみる事は、肌に合う商品を探すために必要な事とはいえ、合わないからと捨てて次から次へ買い換えるのも勿体無い気がします。 Read the rest of this entry »